FANDOM


25-501:名無シネマさん [sage] :2006/04/28(金) 20:59:38 ID:aIpq/7cT

「アイアン・ジャイアント」
本筋は置いといて、当時のアメリカの核に対する認識は
本当にあんなもんだったのか、それともあれは一種の風刺
どっちか分かる?

25-511:名無シネマさん [sage] :2006/04/29(土) 01:01:55 ID:+SLA3oAp

>>501
冷戦時代、核兵器は効率の良い爆弾として認識されていた。
日本のように放射能汚染による汚い兵器のイメージは薄い。
開発時の核実験の映像では、塹壕はあるものの兵士を爆風の風下に
立たせている(着替えたり洗い落としたりすればよいと思ってた様子)。
映画で例をあげると、「トゥルーライズ」や「トータル・フィアーズ」なんか
作品としては結構良くできてるのに核爆発の描写は・・・。
同じ娯楽作でも、日本映画の「太陽を盗んだ男」は放射線障害の描写があるし
爆発そのものは映像では見せていない。

25-515:名無シネマさん [sage] :2006/04/29(土) 10:36:05 ID:giEVP/fS

>>501
「宇宙戦争」(古い方)では一般市民がサングラスをかけて軍による
核攻撃を見物しているシーンがある。それがトンデモ演出としてある
のではなく、実際にその程度の認識だったみたい。

25-524:名無シネマさん [sage] :2006/04/29(土) 12:48:19 ID:lFa7vFLH

>>501
アイアンジャイアントに関しては
描写が明らかに『アトミック・カフェ(50年代前後のアメリカの宣伝映像をつなげた
風刺映画。原爆落ちたら机の下に隠れよう、とかそういうの)』を意識してるので
風刺と見ていいと思う

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki