FANDOM


25-975:名無シネマさん [sage] :2006/05/17(水) 04:52:52 ID:grcVgqf5

アビス
って最後宇宙船みたいなとこでキスした後どうなったの?

25-981:名無シネマさん [sage] :2006/05/17(水) 23:14:59 ID:fZY9GXJb

>>975
あの夫婦は離婚届破棄。
人類は奴らと名刺交換。

28-818:名無シネマさん :2006/12/03(日) 22:54:30 ID:oOUhuoqe

今となっては昔の映画ですが 「アビス」
終わり頃、深海用潜水服を着て潜って行きますが、その潜水服の中を満たしていた奇妙な液体。
あれは何なのでしょうか?
あの潜水服は映画「リバイアサン」に出てきた潜水服と同じように、海から人を隔絶して中の人が
水圧や低温にさらされないようになっていると思うのです。なぜ潜水服の中に液体をいれるのかが分かりません。
またなぜその液体の中でも呼吸出来るのでしょうか?

28-820:日本ではでは党総裁 :2006/12/03(日) 23:06:21 ID:hD1o8aVo

>>818
アレは液体酸素で運用する試作潜水服
ボンベ背負う通常の潜水服より行動時間が長い とか、そういう説明が劇中であったはずだけど?

28-822:名無シネマさん :2006/12/03(日) 23:52:53 ID:172SqOrS

>>818 >>820
あの水は「液体酸素」ではなく、水に大量の酸素を溶け込ませたもの。
高濃度酸素水を肺に入れることで、空気からではなく水から酸素を取り入れる
「液体呼吸」ができるとされる。
液体呼吸はまだ実用化されていないが、実験的には可能で
「アビス」の中でラットが水槽の中にいるシーンは
特撮ではなく、実際の実験映像らしい。

28-823:名無シネマさん :2006/12/03(日) 23:57:08 ID:cqnvRK+r

へー実験映像だったのか。勉強になるな。
エヴァンゲリオン初めて見たときにアビス思い出した。

28-824:日本ではでは党総裁 :2006/12/04(月) 00:07:16 ID:2x8ZBzWK

>>822
訂正トン

28-825:名無シネマさん :2006/12/04(月) 00:15:17 ID:sIpQ8dXO

>>822
そういう方式の方が高水圧に耐え得る、
とかって事情(と言うか設定)もあるんでしょうね、
アビスの場合。

28-830:名無シネマさん :2006/12/04(月) 09:04:04 ID:cSsogd9c

>>818
確かアビスの公開前後は、液体呼吸の実験が盛んだった頃で
ビーカーの液体の中にラットが入れられている映像とか
テレビニュース映像や、理科の授業ビデオとかでみたよー。
(肺に液体が満たされるまでと、液体から出るときが、
すごく苦しいとかビデオで言っていたきがする。こえぇ)
液体の中で、犬も2時間生きてたりしたらしい。
でも未だに実用化は無理っぽい。

28-833:名無シネマさん :2006/12/04(月) 10:15:55 ID:m5+6p1Tm

「アビス」のあの液体は
字幕ではおもいっきり「液体酸素」と訳されてたな
凍るよ。

28-834:名無シネマさん :2006/12/04(月) 10:24:41 ID:sBJ3cwTl

>>833
マイナス183度www

33-300:名無シネマさん [sage] :2007/12/18(火) 17:27:21 ID:xPlaGjVY

アビス
海中で、ヒロインが未知なる生命体らしき存在に遭遇したとき、
何故そいつが宇宙から飛来したと考えたのですか?
人類にとっては未発見のまま、昔から海中に棲息していた海洋生物だと考えないのが不思議です。

33-301:名無シネマさん [sage] :2007/12/18(火) 19:17:27 ID:x6OrgAZd

>>300
作中に明確に「宇宙人」って言ってましたっけ?

33-302:名無シネマさん [sage] :2007/12/18(火) 19:25:10 ID:x6OrgAZd

>>300
>>301のつづき。スクリプト調べてみたら、alienと呼んだのは一回だけ。
そのほかは「なにか、知的な、人間でない生物」「陸生でない知的生物」みたいな呼び方してるもよん。です

33-310:名無シネマさん [sage] :2007/12/19(水) 00:45:37 ID:afuanTTB

>>300
>海中で、ヒロインが未知なる生命体らしき存在に遭遇したとき、
>何故そいつが宇宙から飛来したと考えたのですか?
「宇宙」とはいちども言っていない。
”Extra-terrestrial”と形容していたと思った。
Terraのもともとの語義は「大地」だから、「非陸生」とも解釈出来るし、
また現在では「地球」の意味でも使われるから「地球外」とも取れる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki