FANDOM


29-705:名無シネマさん :2007/02/05(月) 02:01:50 ID:/RiFQsc3

スイミングプール
十字架しまうシーンが何度か出てきてそれが伏線なのは分かるんですが
そもそもなんで十字架をしまうんですか?
なんか宗教的に気に食わないんですか?

29-707:名無シネマさん :2007/02/05(月) 04:25:53 ID:L5cN593u

>>705現実にはあの家では殺人はおこらずおばさんが小説を書いていただけ
でも映画は現実と小説の内容が混じっているのであの十字架は現実と小説の境目をあらわしている
戸の開け閉めも同じ

29-708:名無シネマさん :2007/02/05(月) 04:30:32 ID:/RiFQsc3

>>707
えーと、>>705じゃ意味が分かりづらかったですかね。
その伏線の話は十分理解してるんですが、
そもそもおばさんが十字架をしまおうとする理由というか動機が分からんのですよ。
別に壁に十字架かけたままでもいいじゃないですか。
それをわざわざはずすのは、宗教とか何か理由があるんですか?
って質問です。
よろしくお願いします。

29-716:名無シネマさん :2007/02/05(月) 17:57:29 ID:37a1Jcvb

私も最近スイミングプールかりた。わからないとこ多すぎ。
娘が頬に赤い傷をつけてたけど、あれってなんで?
他にもいろいろ・・・

29-717:名無シネマさん :2007/02/05(月) 18:26:54 ID:/RiFQsc3

>>716
フランスで作家のサラが出会ったジュリーは
サラの想像上の人物。
そう思わせる伏線はストーリー中何度も出てくる。
サラの理想なのか知らんが、ジュリーは若くて魅力的で奔放。
そんな性格の彼女は、男とも平気で殴りあいしちゃう。
頬の傷はその殴り合いの結果。
そんでラストシーンで手振ってるのが本物の編集者の娘ジュリアの顔。


まぁ解釈は色々あるだろうけど、1つの考えとして。

29-718:716 :2007/02/05(月) 19:18:57 ID:37a1Jcvb

最初の方、主人公の女がスーパーに行って、自分?のバッグに食べ物入れてる描写があったけど
あれは万引きしてるってとこ?
中盤、娘が部屋で青いファイル見て驚愕?しながら泣いてる?ようなシーンありましたよね。
その次の場面ではいきなり明るくなって登場してくるけど。あれってなににショックを受けてたの?
全部想像の世界だったとしても、最後の最後で主人公の女が本物のブサイク?な娘に手を振っているシーンがあるのはおかしくないですか?

29-719:716 :2007/02/05(月) 19:21:44 ID:37a1Jcvb

あと、終盤に訪ねた家に小さな娘のような老婆?がいたけどあの人はなに?
病気なんだろうけど・・・

29-720:名無シネマさん :2007/02/05(月) 19:53:16 ID:/RiFQsc3

>>718
持参の買い物カゴに商品入れてるだけ。
中盤のはジュリーが「ジュリー」というファイルを読んでびっくりしてるシーン。
なぜびっくりしてるかはどこまでが妄想でどこまでが現実かで解釈が分かれる。
その辺はノベライズを読めばすっきり分かるらしい。
どうおかしいと思ってるかは知らんが、サラとジュリー(ジュリア)が手を振ってるシーンは
最後の最後に「実はこれが本物の編集者の娘でしたー」というネタ晴らしのシーン。
まぁその前にすれ違った時にもチラッとジュリアの顔は映ってるけど。
なぜ手を振ってるのか、実際にフランスでサラとジュリアは会ってたのかは知らん。
あの老婆みたいなのは庭師マルセルの娘。

29-731:718 :2007/02/06(火) 04:53:30 ID:Cso+hxD2

>>720さん
詳しい説明ありがとう。大抵のことは判りました。
が、
>どうおかしいと思ってるかは知らんが、サラとジュリー(ジュリア)が手を振ってるシーンは
>最後の最後に「実はこれが本物の編集者の娘でしたー」というネタ晴らしのシーン。
最後に編集室で本物の娘とすれ違うけど、主人公をまったく無視してたのが不思議でした。
はじめから知らない人みたいに。
別荘でずっと一緒に過ごしてんだから、軽い挨拶程度はするはずなのにね。

29-734:名無シネマさん :2007/02/06(火) 13:19:21 ID:JfBEgHnM

>>731
あのすれ違うのに無視するシーンがあるからこそ
「そもそもサラとジュリーは本当に別荘で会ってたのか?」って疑問が湧くんだろうが。
少しは頭使え

30-669:名無シネマさん :2007/04/22(日) 18:42:54 ID:ifH6YdH0

「スイミング・プール」
オチの意味がまったく解りません。
結局ジュリーは何者だったんですか?

30-674:名無シネマさん :2007/04/23(月) 00:01:51 ID:kmzrWr3l

>>669
ジュリーは主人公の女の妄想の女。
つーかこの映画に関しては隣の板とか詳しいスレがあったし色んなサイトで色んな解釈が飛び交っている。
いまはあまり残ってないかもしれないけど、探してみたらどう?
個人的な見解では、主人公が別荘で自分自身の若い頃の姿を見ていたのでは・・・と思う。
遊びまくりのジュリー=いまは枯れた若い頃の自分。多少美化して幻想してるかもしれないが。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki