FANDOM


29-486:名無シネマさん :2007/01/22(月) 23:55:24 ID:GYagKZuA

「スリーウイメン/この壁が話せたら」 って観た事ある人います?
一番最初のデミ・ムーアの回。
通りがかった知り合いの女性に中絶をしているところがないか聞く場面。
太った女性「ウォース通りにある大きな緑の家の噂は知らない?・・・その人、気の毒ね」
と言うシーンがある。でもこの話ってどういう意味ですか?何度見てもわからない。
その家で中絶を行っているということ?「気の毒」ってどういうこと?

29-515:486 :2007/01/25(木) 21:19:05 ID:H/Ka35N1

>>486
見たことある人いませんか?

29-516:名無シネマさん :2007/01/25(木) 21:45:23 ID:QG+2+T6Q

>>515
すげー前に見たからうろ覚えだけど
この時代「中絶」は違法であった
そのため満足な医療器具も持ち合わせていないいい加減な医者がやってきて
テキトーな場所で、テキトーな手術をし、な術後の手当もテキトー
それにより想像以上の血痕を見てデミ・ムーアは驚愕する
ウォース通の緑の家でも、同じようなテキトーな手術があって
手術が失敗して患者が死んだとか、望んでも子供を作れない身体になったとか
なんか大きな噂が立ったんだろう
そこはそれぞれ観客の皆様でご想像ください、という考えオチじゃないの?

29-517:515 :2007/01/25(木) 21:52:41 ID:H/Ka35N1

>516サン、マイナーな映画なのに説明ありがとう。
なるほど~そういう解釈もできるわけですね、納得。
太った女性にその話を聞いた後、タクシーでその家に向かって
窓を見て様子をうかがっただけで帰るというシーンもあり、意味不明でした。
きっとその中にいる女性が中絶手術を受けて失敗かなにかして、
外に出歩くこともできないという状態なのかも。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki