FANDOM


31-576 :名無シネマさん:2007/07/24(火) 17:35:03 ID:hlSoPapN

「パプリカ」
時田(夢でロボットになる)と理事長(同じく巨人化する)が街を破壊するんだけど。
あれも全て夢の中って設定なんでしょうね?。
アツコの「夢と現実が交じり合っている」という台詞があるけど、いくらなんでもね~。

31-579 :名無シネマさん:2007/07/24(火) 21:09:08 ID:aNPg/ThX

>576
アツコの台詞が正解。現実です。
後半は夢が現実化してしまっているので、パプリカとアツコが話するのも現実において。
原作の小説がメタフィクションなので、そのような展開になるのだが、映画では、3分の2くらいはしょっているので、少しわかりにくいかも。

33-142:名無シネマさん [sage] :2007/11/25(日) 22:29:25 ID:VGlkXPKM

「パプリカ」
最後、敦子によって理事長の夢が飲まれますが、理事長はその後どうなったのでしょうか?
街は現実に崩壊したのでしょうか?
最後の方がよくわかりませんでした。

33-150:名無シネマさん [sage] :2007/11/26(月) 15:47:01 ID:JTBtN04r

>>142
原作では乾精次郎は精神医学研究所付属病院の地下室で遺体になって発見される
地下室に潜みDCミニを使って夢を実体化させていたが力を使い果たし死亡した
映画でも乾の実体はどこかにあって人知れず絶命しているんじゃないだろうか
町は現実に崩壊したと思う

33-529:名無シネマさん [sage] :2008/01/10(木) 13:20:11 ID:DVgtVmxP

パプリカ
冒頭、粉川刑事がパプリカとセラピーで夢を共有したあと覚醒し
普通に会話したり名詞もらったりしてますよね。
粉川の目には敦子の姿がパプリカに見えてるってことですか?
夢セラピーを受けた人はみな、覚醒後も敦子がパプリカに見えてしまうという
お約束みたいなものなんでしょうか。

33-530:名無シネマさん [sage] :2008/01/10(木) 14:03:44 ID:yMCvD6cG

>>529
セラピー時は敦子としてではなく、メイクと衣装によって変装しパプリカとして立ち会っている。
ちなみに原作ではメイクする場面もきっちり描かれているんだけど、映画はそこをオミットしてある。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki