FANDOM


http://ecx.images-amazon.com/images/I/B0001A7D0E.jpg
原題 The Village
公開 2004年7月30日 アメリカ合衆国の旗
2004年9月11日 日本の旗
監督 M・ナイト・シャマラン
制作
脚本 M・ナイト・シャマラン
原作
出演者 ブライス・ダラス・ハワード
ホアキン・フェニックス
エイドリアン・ブロディ
ウィリアム・ハート
シガニー・ウィーバー
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ロジャー・ディーキンス
ゲオルグ・プーリア
編集 クリストファー・テレフセン
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
制作費 $71,680,000
興行収入 $114,195,633 アメリカ合衆国の旗
前作
次作
CinemaScape
<_amazon></_amazon>

25-664:名無シネマさん [sage] :2006/05/05(金) 15:53:01 ID:pb5T5IwY

いまさらですが「ヴィレッジ」。(ネタバレあり!)
家畜の毛をむしって殺していたのはノアだったんですよね?
なぜノアはそんなことをしたのかがイマイチ不明です。
「彼ら」の存在の信憑性を強調するためにしても、ラストで語られた「ノアが作り話を現実にした」と言うのはあくまで知的障害の純粋さ(アイヴィーを嫉妬から襲ったり)故の結果だったわけで、ノアは故意に「彼ら」の存在を裏付けるようなことはしてなかったはずですが。。。
それに、ノアは村の秘密(「彼ら」が存在しないこと)を知っていましたが、それはいつ頃からなのでしょうか。
床下の衣裳を見つけたときからなら、なぜその前に家畜を殺したのか?
単に、知的障害者の猟奇的な家畜殺しだったんでしょうか?
既出または意味不明な文になってたら華麗にスルーしてください(´Д`)

25-665:名無シネマさん [sage] :2006/05/05(金) 16:14:02 ID:jFYI21TG

>>664
> 家畜の毛をむしって殺していたのはノアだったんですよね?
Yes
> なぜノアは・・・
ノアが年寄りのウソに現実味を持たせたいがためとか難しい事を考えてやったことじゃなく
ノアがやった事に年寄りたちが後付けで「アレ」の存在と結び付けて利用した
> それに、ノアは村の秘密(「彼ら」が存在しないこと)を知っていましたが、それはいつ頃からなのでしょうか。
「床下の衣装を見つけたとき」ってのが
際の衣装を自分で着てアイヴィーを襲いに行った時って意味ならもっと前
持ち出すことはなくても床下の衣装の存在を以前から知ってたから
森に一人で遊びに行ってたんじゃないかと

25-673:名無シネマさん [sage] :2006/05/05(金) 20:36:10 ID:pb5T5IwY

>>664
㌧です!
年長組が「彼ら」の仕業だと結び付けたということは、
結局ノアが家畜を殺したのは猟奇的な物だったんですか?
最初に家畜の死体が発見されたときに、アイヴィーの父親が子供に
「『彼ら』の仕業ではない」
と諭しているのですが、これでは「彼ら」の仕業だと結び付けたとは考えにくいのでは。。。
それから、
「ノアが床下の衣裳を見つけたときからなら…」
は、ルシアスを刺したせいで反省室に閉じ込められた時に見つけたとばっかり思ってましたorz
確かにノアの事だから何回もあの部屋に閉じ込められた事はあるだろうから、それ以前に見つけていた可能性は十分ありますね。駄質問失礼しました。

27-886:名無シネマさん :2006/09/09(土) 02:14:59 ID:9mrB2wVr

「ヴィレッジ」についてなのですが、まとめサイトにも載っていなかったので質問させていただきます。
アイヴィーの父親(ウィリアム・ハート)が
ルシアスの母親(シガニー・ウィーバー)に触れない理由が分からないです。
映画の中ではルシアスがその理由について、アリスのことが好きだから的な事を話しますが
ただそれだけの理由なのでしょうか?
物語終盤で、ウォーカーがアリスを訪れ話をするシーンでも、
アリスに近づきながらも最後には首をそむけてしまいます。
なにか大きな意味があると思うのですが、よくわかりません。
どなたか、解説お願いします。

27-887:名無シネマさん :2006/09/09(土) 02:29:18 ID:aMbQ/rpy

>>886
あなたも恋をすれば分かります。

31-933 :名無シネマさん:2007/08/26(日) 20:42:20 ID:8oePIhnc

『ヴィレッジ』で森に住んでいた魔物(彼ら)とはいったい何だったんですか
結局最後はどういう意味だったんですか


わかる方お願いします!

31-934 :名無シネマさん:2007/08/26(日) 21:36:28 ID:Aruy+NJ3

>>933
あの村の人達は、実在のアーミッシュと呼ばれる人達を参考にして描かれている。
電気や現代の便利な機器などを使わずに昔のままの生活をする人達のこと。
映画では、魔物がいかにも村の外にいるかのように村の大人達が気ぐるみを着て
交代で演じていた。若者は好奇心が強くてどうしても村の外が気になるから。
なぜ外へ出て行かれると困るかというと、昔ながらの生活を送っている外の世界では、
普通に現代の生活をしているからその事実を隠している。
わざわざ、そういう生活を選んだ理由は、事件や事故で家族を失って悲しい思いを
した人達が、もうそんな悲しい目に逢わないために文明を捨てて生活をしている。
たしか、事件の新聞記事や写真が出てきたはず。
(実際のアーミッシュはそうではなくて、宗教的な理由などいろいろ理由があるらしい)
いかにもな宣伝で見る前から魔物が村人であろう事は気がついてしまいましたが…

35-307:名無シネマさん [sage] :2008/06/06(金) 16:46:42 ID:Cie1PaNr

「ヴィレッジ」
なんであのカップルは池沼に命を狙われなければならなかったの?

35-310:名無シネマさん [sage] :2008/06/06(金) 17:35:01 ID:ABnSCOtx

>>307
恋愛感情だろ

35-329:名無シネマさん [sage] :2008/06/07(土) 19:03:55 ID:1iHgHRwu

ヴィレッジ
目の見えない女は、実は怪物は作り話ってことを父親に聞いてたけど
怪物を穴に落として殺したのは、正体(エイドリアン・ブロディ)を知っててわざと殺したのですか?

35-331:名無シネマさん [sage] :2008/06/07(土) 19:30:38 ID:WUVfebb3

>>329
「この地方に伝わる伝説の怪物に似せてでっち上げた偽物」と父親が言ったから
(もしかしたら伝説は本当?)と思ったんじゃないの
だから本当に怪物だと信じてたと思う

35-332:名無シネマさん [sage] :2008/06/07(土) 19:36:06 ID:NubJzSyL

>>329
知らねえよ。
ブロディは彼女に好意があってホアキンを傷つけたが、彼女が薬を手に入れに行く
事になったので、恐怖心を利用して(言葉はちょっと変だが)はげまそうとした。
穴に落ちて殺してしまったのは、流れでの偶然。

35-585 :名無シネマさん :2008/06/25(水) 00:02:47 ID:pe4vfBMS

「ヴィレッジ」
赤が不吉な色という説明が映画でされてませんでしたが、
あれは村を出る道に一面に咲いていた赤い花と関係があるのでしょうか。
つまり村の老人たちが村を出る道にあえて赤い花を敷き詰め、
赤が不吉だと村人に教えることで村から出ないようにした、と。

35-589 :名無シネマさん [sage] :2008/06/25(水) 01:48:17 ID:jq4uSrTa

>>585
違うかもしれんが監督が赤は不吉な色だよってことを視聴者に示唆してるだけじゃないかな?
例えば、同監督の作品に「シックスセンス」という映画があるのだが
赤色があるところには不吉、幽霊が出るということを示唆してる・・赤い服の女、赤いドアノブ、赤い風船等。
劇中ではそんな説明全く無いが明らかに視聴者には分かることなんだよね。

35-591 :名無シネマさん [sage] :2008/06/25(水) 08:25:28 ID:pNFdD4ra

>>585
単なる監督の定番のお約束だろ。
赤色、監督の出演。
ジョン・ウーの鳩、スローモーション、二丁拳銃。
ルーカスのスターウォーズキャラのカメオ出演。
深作のアクションシーンでのクラシック。
スピルバーグの家族愛。
押井守のバセットハウンド。
北野武の北野ブルー。
リドリースコットのスモーク。
ファンが見ると「キタキタキタ━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━!!」ってなるシーンって訳。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki