FANDOM


26-358:名無シネマさん :2006/06/04(日) 09:34:46 ID:CDm3mwR6

座頭市(武版)
市は盲目だったのか、実際には目が見えていたのかって議論がありましたが
私は実際には見えていたんだと解釈しています。
まとめページの22-324にも関連しますが、
「今の方が都合がいいんだよ。」
見えるけど、見えないフリをしていた方が楽なんだよってのを
芸子に引っ掛けて、せいちゃんの口から言わせていることからも
見えていたんだと思うんですが・・・
しかしまとめページを見るに、みんなの意見としては
やっぱり見えてなかったというのが大勢なんでしょうか

26-385:名無シネマさん :2006/06/05(月) 15:55:28 ID:4mOm6wUR

>358
映画制作の前提条件が、市が盲目であるという設定を変えないことだったので、
結論ははじめから出ています。個人が好きに思い込む自由はありますが。

26-599:名無シネマさん :2006/06/21(水) 18:16:38 ID:OpfaJ5QA

「座頭市(2003)」
浅野忠信が凋落する原因になった浪人って、本当に強いの?
それとも、あの木刀の刀身部分をつかんだりする戦法が
真剣を前提にしてる武士の隙を突いてるってだけで、ガチで殺し合いとなったら弱いのかな
死の床で「真剣など端から持ってない」っていうのは、貧乏暮らしの揶揄なのか
真剣で戦える腕前なんてないって意味なのか

26-600:名無シネマさん :2006/06/21(水) 18:33:27 ID:o3PJ1PQS

>>599
というよりは、武士として誇り=プライドに生きてきた生真面目男が、
お上の前で(本人からすれば)馬鹿げた方法で恥をかかされ誇りを傷つけられたから。
凋落させられたってより、生真面目だから自分からしていったというような感じ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki