FANDOM


29-786:名無シネマさん :2007/02/08(木) 18:33:59 ID:uDCxkUou

「明日の記憶」で、
焼き皿 代払い済みのメモを見た後(勘違いして払った後)、
木梨ノリタケがお釣りを戻しにきたら渡邉ケンが既に店から居なくなってましたけどどうしてですか?
ヤッテランネーヨ!ウワアアアアン!ってことですか?

29-847:名無シネマさん :2007/02/11(日) 11:20:59 ID:onM+34tW

>>786
最初は店主を信じられなくなったのかと思ったが、
忘れてた自分が嫌になって出ていったんじゃないかな。
まあこの時点より前で記憶力のなさは痛感していたはずだが

31-319 :名無シネマさん:2007/07/03(火) 15:56:52 ID:Z+/yO3ee

「明日の記憶」
・主人公佐伯(渡辺謙)のクライアント(香川照之)の企業「ギガフォース」は、
ところで何の会社だったのですか?
・陶芸の先生(木梨憲武)は、佐伯のアルツハイマーにつけこんで金を巻き上げていたのですか?
それともセリフの通り「勘違い」だったのでしょうか?

31-342 :名無シネマさん:2007/07/06(金) 03:46:49 ID:YWM4Gu51

>>319
・ギガフォース
ネットプロバイダー関連の会社です。
広告効果があったのか、業績が大分良くなったようです。
・騙したのか
製作者さまの意図としては「どちらに取るかは見る人次第」とあったので、
最初に感じ取ったほうを考えたほうがよろしいですよ^^
ただ陶芸教室のところは、
「全ての人が善良とは限らない、と言う設定を生かした」、
「心の隙、ほんの小さな悪魔を表現する役割」、
と言う話もありますので出来心・・・かもしれません。
人が褒めた作品を目の前で破壊されたりしてますし(だいぶ表情が曇ってる)、
着色工程でぼ~としてる時も話しかけずに見てますし。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki