FANDOM


http://ecx.images-amazon.com/images/I/B000657NO0.jpg
原題 Basic Instinct
公開 1992年3月20日 アメリカ合衆国の旗
1992年6月 日本の旗
監督 ポール・バーホーベン
制作
脚本 ジョー・エスターハス
原作
出演者 マイケル・ダグラス
シャロン・ストーン
ジョージ・ズンザ
ジーン・トリプルホーン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ヤン・デ・ボン
編集
上映時間 123分(完全版は128分)
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
制作費 $49,000,000
興行収入 $117,727,224 アメリカ合衆国の旗
前作
次作 氷の微笑2
CinemaScape
<_amazon></_amazon>

26-393:名無シネマさん :2006/06/07(水) 16:45:46 ID:EX56ood4

氷の微笑の犯人が未だに謎

26-398:名無シネマさん :2006/06/07(水) 17:42:57 ID:+yDyPZVq

>>393
普通にシャロン・ストーンって思わないか?
まあそうなんだけど

32-964:名無シネマさん :2007/11/08(木) 17:09:19 ID:Lgg26W09

氷の微笑でニックの親友のガスを殺したのは誰でなぜ殺したんですか? あと最後にニックはキャサリンにアイスピックで殺されたのですか?

32-978:名無シネマさん :2007/11/10(土) 05:03:22 ID:tSws8K9j

>>964
ガスを殺したのはヘイゼル・ドプキンス。最初のベッドシーンのロック・スターは
ロキシーが殺害して、ニールセンの頭を銃でブチぬいたのはべス。ロキシーはキャサリン
を愛していたため、嫉妬にかられてロック・スターを殺害し、べスはニールセンから夫殺
しの過去を知られて金をゆすられていた&ジャックへの仕打ちを許せず殺害。ヘイゼルは
個人的にガスを殺さねばならない理由などなかったが、家族にしたような理由のない殺人
を再びやりたくなるようにキャサリンにしくまれた(彼女にもレズの気があるため)。この
ように、この映画に出てくる主要な登場人物は、みんな過去に殺人を犯していて、キャサ
リンのお膳立てによりもう一度殺人をするハメとなった。肝心のキャサリンの動機は、殺
人事件を題材にした小説を書くためにはかかせない、犯罪心理学のナマの声を彼らから聞
きたかったため。(彼女はあくまで「お膳立て」をしたのであって、殺人は今回の事件に
は関与していない)
ニックとキャサリンのその後の解釈は人それぞれ。悪女ぶりを発揮して、まだまだ小説の
ネタとして使えると思ったか、本当に恋してしまったかのどちらかだと思われる。

33-553:名無シネマさん :2008/01/11(金) 22:43:45 ID:QXQXMqTZ

少し古い映画「氷の微笑」
公開前に”予想もつかないどんでん返しがある。ちゃんと見ていないと
騙される”と映画評論家の今野氏(カマ)が力説していたことは記憶に
あるのですが、犯人は女刑事で、彼女のストーカー被害に遭っていたのが
シャロン・ストーンでOKなんですよね。それでは、どんでん返しでは
ないような気もするのですが・・・
もう一ひねり、あったんでしょうか。今でもわかりません。

33-554:名無シネマさん [sage] :2008/01/11(金) 23:23:31 ID:coFNOXqj

真犯人が良く分らないという”予想もつかないどんでん返しがある”っていうだけ

33-556:名無シネマさん :2008/01/12(土) 02:51:06 ID:FE4vinZc

>>553
ラストカットで映る「シャロンの部屋に転がるアイスピック」が、真相を暗示している…
「考え」オチと云うやつ。

33-559:名無シネマさん [sage] :2008/01/12(土) 09:18:12 ID:NUQffcsW

氷の微笑は、まとめサイトにもある通り
普通に観ればシャロン・ストーンが犯人と分かるけど、
当時の宣伝が真犯人とかどんでん返しとか言って煽ったから、
混乱する人が続出したな。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki