FANDOM


29-333:名無シネマさん :2007/01/12(金) 12:23:20 ID:/7kjsuG0

韓国映画の「甘い人生」って
最後の台詞から推測するに、夢オチですか?

29-334:名無シネマさん :2007/01/12(金) 12:40:18 ID:NAllEUzQ

ちがう
死にながら過去を回想してるだけ

35-486 :名無シネマさん :2008/06/19(木) 18:55:03 ID:qCxTOciF

イ・ビョンホン主演「甘い人生」について質問です。
昨日友人と二人でDVD鑑賞し、最後の辺りの「師弟の夢云々」の台詞が頭に残りつつ観終わりました。
お互い「夢」の部分が引っ掛かっているため、解釈が違います。
私は
現実:「ボスの愛人を好きになってしまった為に最終的には死んだ」
死ぬ間際に浮かんだ夢:「甘々コーヒー飲んで彼女を思いつつシャドーボクシング」
友人はその逆で、
現実:「(ボスの愛人に恋しちゃったけど絶対手は出せないよな)なんて思いつつ
ガラスに映る自分のシャドーボクシング姿に酔う」
ヤクザの男として夢見る姿「復讐と、愛した女のために命を張るオレ」
そもそも二人とも全然見当違いなのでしょうか?
最後のシャドーボクシングは復讐など考え付く前の彼の姿を最後に持ってきたとか。
一般的にはどういう解釈なのか教えてください。

35-489 :名無シネマさん [sage] :2008/06/20(金) 02:47:04 ID:pY3vm08O

>>486
特別編DVDのコメンタリーで監督が、
「ここは観客を混乱させたようだが、悲劇性を描くため
主人公の死の前後に幸せだった瞬間を置いた」
と言ってる。
死の直前に、女の演奏を見ている時
死の直後に、冒頭の続きの場面で、女も悲惨な末路も知らない時
最後の殺し屋は、そんな甘い人生は夢だ、と撃つ
みたいに言ってる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki