FANDOM


32-701 :「笑いの大学」について :2007/10/24(水) 22:00:47 ID:MOB2bRjM

ひとつ引っかかったのは、最後に稲垣吾郎が国を批判したあたりのシーンで、役所広司が気分が変わって最後の究極の要求(笑わせてはいけない)を突きつけたけれど、あの本音とするところは何なんだろうか。。。
本気じゃなかったことはわかるけれど。
赤紙がくることと関係があるのだろうか。
なぜ、最後にその要求をうやむやにしたのだろう?
つながりがわかりません。

32-713 :名無シネマさん :2007/10/25(木) 10:11:18 ID:DgrMi5n9

>>701
最後の要求も役所の本気でしょう。
本来はぎっちり厳格に処分していく仕事だった。
が、途中から楽しくなり始め、ちょっと馴れ合いの状態になっていた。
稲垣の国批判ではっと我に返ったって感じでしょう。
うやむやになったのは、稲垣に赤紙が来て
もう書き直しとかそんな状況じゃなくなったため。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki