FANDOM


33-717:名無シネマさん [sage] :2008/01/26(土) 14:30:25 ID:qj9PKkcm

the EYE2
主人公の妊婦友達のチョウさんのことについてなのですが
最初、プールの着替えコーナーで主人公が相談受けたとき
旦那から連絡が来ない(主人公には目の前に死んだ頭にあざのある男性がいて旦那とだ主人公は思う)
このとき、旦那はもう死んでいると思っていたのですが
終わり近くに主人公が出産して、チョウさんが生まれたての子供つれてお見舞いに来るシーンで
チョウさんが旦那とは離婚して一からやり直す、そして子供は父親に似るのよって言って写真を主人公に見せます
その写真はどう見てもプールの時に居た幽霊と同じ(顔にあざがある)
で実際にチョウさんの赤ちゃんの顔にもあざがある
でも取り出した写真は古い写真で成人男性(あざの男)と少女の写真
どう見てもチョウさんの父親と子供のころのチョウさんにしか見えない
赤ちゃんの父親の写真じゃないと思うんです(この写真がチョウさんと旦那の写真ならわかるのですが)
この解釈がわかりません
・父親に似てるのよ はチョウさんのお父さん つまり赤ちゃんにとっては祖父に似てるといいたかった
 付きまとっていた霊祖父の霊が赤ちゃんに転生した
・旦那とは連絡がもう取れなくて(死んで連絡が取れない)ので離婚した
 死んだ旦那が赤ちゃんに転生した(でもこれだと写真が意味わからなくなるのですが)
どう解釈すればいいのでしょうか?長文ですみません

33-749:名無シネマさん [sage] :2008/01/29(火) 12:01:43 ID:Y/gLpR2g

>>717
チョウさんの父が、孫として転生したってことでいいのでは。
観客には、夫と連絡取れない→もしかして死亡?→ではこの幽霊は夫だ
と思わせる展開にしておいて、実はだいぶ前に死んだチョウさんのお父さんだったと。
夫は妻子を捨てて中国本土から帰ってこなかったってことでしょう。

33-771:名無シネマさん [sage] :2008/01/30(水) 21:20:22 ID:pjL2HYnA

>>749
ありがとうございます
旦那と離婚したってことはやっぱり生きていたってことですね
旦那と思わせておいて自分の父親だったってことですね
あそこの翻訳が子供って父親に似るのよ(こんな感じだったと思う)
日本での会話だと普通は子供の父親を指すんですけど
あっちではそうではないのかもしれないし
翻訳の微妙なずれなのかもしれませんね(自分の父ってことで)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki